So-net無料ブログ作成

スピリチュアルリーダー [気付き]

*本質にいないと行動しないというのは、型にはまった*観念です。これでは悟ってからでないと行動しないのと同じです。
スピリチュアルリーダーは数々の経験をこなし、現実的なことを提案出来る人でもあります。また、そうでないとおかしいのです。利己的であってはいけません。
スピリチュアルを現実逃避の手段にさせてはなりませんし、スピリチュアルを何か特別なものとして誤解させたままではいけません。悟りを追い求めて瞑想するあまり、地に足がついていないことも*本質で在れば分析せずとも分かるのですから。

利己的であってはいけません。
利己的なリーダーは*観念が利己だと認識させないようにしていますので、「快」過ぎてもいけないのです。
*本質は利己を容易に見抜きます。



※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


大いなる誤解や勘違い [気付き]

*本質を何だか特別なものとして捉えている方、まずはその捉え方をやめましょう。
現実で出来なかったことをしてみることも、*観念から出ていることです。
自転車に乗れない人が乗ろうと試みようとすることも、*観念の外に一旦出ているのでそう出来るのですね。
日常生活や社会おいて、苦手とすることをやってみようかなと思えるのも*観念から一旦出たからです。
このようなことは*本質、例えば啓発本を知らなくても出来ていたのではありませんか?紛れもなく*観念から出ていることは日常的にあるのですね。

人前で笑顔をつくれない人が人前で笑顔を作ることはとても勇気のいることだと思いますが、*観念から出ると「やってみよう」となります。これが*本質です。

スピリチュアルで身動きが取れなくなっているならば、それは誤解によるものです。*観念が動けなくさせているだけです。
動けないのであれば、動けないのは本当なのかな?と小さい子があなたを見つめるようにジーっと見てみましょう。あなたの瞳は本質の視点です。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。
タグ:観念 本質

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。