So-net無料ブログ作成

気付いているのに気付けていない観念 [気付き]

AMEMAN014s.jpg

何か起こった時に、「あ、これは*観念だ」と気付くと思います。
しかし、気付いているのに、無意識の内に*観念を追っていたりします。
無意識なので気づけていないのですね。

気付いている状態であれば、気付き自体必要はありません。
実験で「まっさらになる」をすると分かると思いますが(概念や観念を全てなくす)、気付いている状態はその位置からの視点なので、何かをジャッジすることも抵抗することも起きません。

気付けていない*観念というのは、気付いている状態にいないと言えるでしょう。
みなさん経験あると思いますが、いつも落ち込んだり怒ったりする場面のはずなのに、絶好調の時は笑って済ませられたり、意に介さずすっとその場が何も考えることもなく過ぎることがあったりします。
*観念と一体になっていない状態、即ち、*本質に在るのです。
ですから、気付いたはずなのに、何か腑に落ちないとなる方は、まっさらになってみましょう。

*観念なんて『自分マニュアル』みたいなもので、自分で作ったのですから自由に捨て去っても良いのです。
何か起こったからネガティブになる。というのも『自分マニュアル』なので、気付いたらそれで終わりで良いのです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


スポンサードリンク



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。