So-net無料ブログ作成

自分も空間も全て一体 [気付き]

_seiketukanaruikkaku.jpg

映画館、文化会館や色々な施設に入った際、例えばどこかの会場やホールであればステージがあり、椅子がたくさんあり、通路があったり、明るすぎない照明であったりすることを思い浮かべると思います。

ホールの中で椅子に座っている自分がいます。

ホールの空間を認識し、座っている自分を認識していることは当然と言えば当然ですが、この当然なことを認識している「何か」があるわけです。

自分を認識し、ホールも認識し、これら全てを認識している「何か」とは、意識であり*本質です。
分離のない全てです。

全てから切り離す必要はないわけですね。
あれこれと*観念やら思考が、自分、ホール、と切り分けて概念として解釈をしているだけですから、*観念の外に出る(概念をなくし、まっさらになる)と、既に*本質です。



※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



スポンサードリンク



共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。