So-net無料ブログ作成

チョココアの雑感 [雑談]

MIYADSC_2946.jpg

昨日みたいに書いていきます。

「この世に様々な法則や法則性があるからには、地球規模、宇宙規模にさえ何らかの法則性があるに違いない」
と確信めいたものがありました。何かは知らないがピンと来るというのでしょうか、論理の飛躍のようにも思えたのですが、不思議なほど確信に近いようなものがあり揺らぐことはありませんでした。

ある時、みんな一緒にとても楽しく過ごしている最中、瞬間湯沸かし器のように大激怒する人がいて、この大激怒した人は楽しく笑顔でもいたのに急変したのです。
激怒した内容は置いておいて、この楽しい最中に真逆のことをやってのけられることに驚きと感動と知的好奇心を揺さぶられたことがあります。
この経験から、辛い最中でも楽しくなっても良いはずだ、と思えたのです。激怒した人は楽しい最中でしたが、逆も有り得るなと理屈ではなくインスピレーションのように浮上してきました。
人生は全て選択の連続ではないのか。全て必然的に起こり、自らが選択しているのであり偶然というものは一切ない。と知ったのです。

勘違いかどうなのかは定かではないが、欲しいと思ったものが家にあったり、なくなったものが忽然と現れたりすることもあった。これは偶然だと思えることですが、偶然という選択をしているとも言え、まさに詭弁のようなことがこの世には「起こっているように見える」のです。
ただ在る視点(気付いている状態)だと、レッテルも貼らずに眺めているので、必然や偶然かも認識していません。
とてもシンプルだと言うのはここにあるのですね。


さて、私のことと言えば、意識を向けるとそこにエネルギーが見えるような感覚だったり、例えば手に意識を向けると手がピリピリしてきたり、空間に微粒子のようなものが見えたりします(見えなくても良いのです)。
このようなことは求めたものではなく、元々あるものですから、*観念の外に出れば自然と得られる(思い出す)シロモノです。笑
シロモノというとレベルが落ちる感じですが、そうではなく、これらは特別というほどのことではないという意味でのシロモノです。
人間国宝が自分で人間国宝だと思わないし、自分が特別な存在でないと思っているのと同じようなことです。本人はいたって普通だと思っているのです。
みなさんがあなたは今日から人間国宝ですよと言われても、違和感しかないでしょう。それと同じです。
このような意味では、「雲の上の存在」というレッテル貼りがいかに無意味なことかがお分かりいただけるのではないでしょうか。
悟りや*本質も特別のものではないのです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



スポンサードリンク


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。