So-net無料ブログ作成

気付きが訪れている [気付き]

kiirotomurasakinopanji-.jpg

日常を過ごしている中、仕事であったり学校であったり恋愛であったり遊びであったり、様々な日常の中で感情的になることがあるかと思います。
気付きをされている方は、感情的になっている自分に気付くと思います。
ここで、気付いていることが目的になっているのか、気付いている状態にいて気付いているのかが分かれてくるでしょう。
感情的になった際、気付いて「今」にいるでしょうか?実は気付いていることが目的になっていると、気付いても感情に蓋をしていることがあります。これが後の怒りなどで爆発することになります。

感情的になった際は、分離している状態ですので気付きのサインです。「今」にいますか?という気づきが訪れていると言えます。
気付いている状態で気付くと、感情は受け容れられてそこで完了します。
気付くことが目的だと、気付いた瞬間すぐに感情をやり過ごして不完全燃焼のような形で残っています。この際、感情的になった自分に気付いた新鮮さはありますか?気持ちが軽やかになっていますか?もしネガティブな感じが残っているならば、気付いている状態にいません。

「する(気付くことが目的)」と「在る(気付いている状態)」です。

例えば、いつも感覚的にここで心折れたり、怒り爆発するといった場面で、妙に冷静な自分がいることはありませんか?これが*本質であり、気付いてる状態です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。

スポンサードリンク


タグ:気付き 本質
nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました