So-net無料ブログ作成

過去と未来という時間に決別を [気付き]

PPG_anteli-kunatokei.jpg
私達が時間を忘れて楽しんでいる時は今に在ります。時間を忘れているというよりも時間は概念でありそもそもないのですから、自然な形だと言えます。

過去や未来の虜になると、過去の辛い記憶に翻弄され、来ない未来に期待する人生を過ごすことになるのです。これらは*観念として無意識の内にそうさせています。
過去や未来にばかり目を向けると、ありのままの「今」を受け容れられません。

過去の記憶が未来に不安や恐怖を作り出しているのです。まるで幻術使いでもあるかのように。
過去や未来も人が作った概念です。
真実は「今」しかないのです。根源であり全てが「今」なのです。
今に生きると見えなかったモノが見えてきたりします。それは時間(過去・未来)と言う*観念を外すから当然なのです。

今に在ることは*本質そのものであるということです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


スポンサードリンク


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました