So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

フラット=世界 [気付き]

本質図13.jpg

上の図のように、一番下の観念(スピ系や信念)に気付けていない時は、下図の左側のように関連付けが起きています。

本質と観念2.jpg

図の関連付けは例えではありますが、様々な*観念と*観念が関連付けを行っている状態です。
気付けていない*観念というのは、つまるところ、「自分」という分離した概念です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



共通テーマ:日記・雑感

不変であることを知っている [気付き]

DSC08677.jpg
▲クリックで大きくなります。

写真は夕日ですが、太陽は常に存在しています。東から昇り西に沈む。
いつもの光景ではありますが、私達が呼吸をするのと同様に、空気や水があるのと同様に不変であり身近なものです。
*本質もそうです。唯一言えることは不変であることです。

物質は常に変化の連続ですが、*本質は不変です。
状況がどうであれ、*本質は不変です。
あなたが何を考えて何を思うと、*本質は不変です。

*本質即我です。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


タグ:不変 本質

共通テーマ:日記・雑感

知っている [気付き]

DSC07898.jpg
▲クリックで大きくなります。

写真は昨夜撮った月の写真で、月の環が出ています。
目視では空は少しモヤがかって、月も月の環も少し青みがかっていたように見えました。
(以前も月の環の写真を掲載しています)

いつもと違う光景だからこそ感動することってあると思います。
が、
いつもと同じ光景でも感動することもあるはずなのですが、*観念というフィルターを通して世界を眺めるとすぐに飽きてしまいます。

*観念は*観念を通してしか世界を見れないので、*観念以外のことは理解出来ません。
思い込みという言葉がありますが、まさに思い込みフィルターをつけて世界を見ていると言えます。

見ている=*観念
↑これを含め全てを眺めているのが、*本質であり意識です。

見えるものだけが全てではないことは、実は誰でも「知っている」のです。
この「知っている」ことから誰も切り離すことは出来ません。*観念は知らないよそんなこと、と思うでしょうが、どうあがいても「知っている」ことからは逃れられません。
まさに、*観念は「お釈迦様の手の上の悟空」なのです。

文章は掴もうとしないでください。
意識して感じとってみてください。
ニュアンスを読み取るのではなく、頭ではなくハートで感じみてください。意識のポイントはハートです
私の意識のポイントはミゾオチの少し上くらいですが、真似るとかしないでただただ意識として在ると良いでしょう。まっさらになって世界と在る。これを意識に置いてみてください。気軽に気楽に。

不足を補うためにするのではなく、白紙の状態から在るのですよ☆

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


共通テーマ:日記・雑感

どこまで行っても [気付き]

DSC07484.jpg
▲クリックで大きくなります。写真は富山県高岡市戸出町にある菜の花畑。

どこまで行っても菜の花畑。と思うのも*観念によるもので、菜の花畑はどこまで続くことなんかないよ、と思うのもまた*観念です。
*観念は思えばキリがない程あれこれ出て来ます。思考のスイッチが入るのも*観念によるもので無意識がほとんどですね。

キリがないと思える思考も全て眺めているのが*本質であり意識です。
「あぁ、本質であり意識なのか」と言葉を覚えるかのごとく取り扱おうとするのは*観念です。
言葉自体が既に人が作ったツールですので、何につけても*観念がまとわりついてしまいます。
これらを「在りのまま」見れるようになると、言葉のニュアンスが自然と気付いたら分かるようになります。知識としてではなく、分かるようになると言いますか。

どこまで行っても、どこまで行かなくても、*本質はいつも「ここ」です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。

タグ:観念 意識 本質

共通テーマ:日記・雑感

芝桜 [雑談]

DSC07432.jpg
▲クリックで大きくなります。写真は富山県砺波市新屋敷地区「芝桜の郷 新屋敷」

先月に行ってきた富山県砺波市にある「芝桜の郷 新屋敷」です。
川の両岸に芝桜が一面に咲いていてとても綺麗でした。
ボランティアの方に非常に親切にしていただいて、この芝桜に対する思い入れもひとしおという思いです。

自然に触れていると自然に?溶け込み易くなるように思いますが、みなさまはいかがでしょうか。
私はあまり人のたくさんいるところへは行きませんが、気付いたらそうなっていました。
学生の頃は人混みの中にいるのが好きで、学校帰りには友達とショッピングモールに何を買うわけでもなく行って人間観察をしていました。笑

気付いたらテレビも見なくなり、以前は勉強するにも音楽を流しながらでないと落ち着かなかったのですが、気付いたら全く音楽を聴くこともあまりしなくなりました。

気付いたらこうなっていた。ということはみなさまにもあると思います。
自然にというのも身を任せている状態で、偏ることのない状態で「在る」です。

誰しも観念がある以上は、「不必要に」想ったり思いつめたりするものですが、気付いたら何てことはなかったと気付く日が必ず来ます。そう、既にそうなのですから、肩の力を抜いて楽しんでくださいね。








共通テーマ:日記・雑感

意識を向けてみると [気付き]

YAMA845021.jpg

意識を向けるとは言いますけれど、相手を意識する等といった感じではなく、私が言っているのは「そのもの」に意識を向ける感じです。
「そのもの」なので分離がないのです。それ、そのものなのです。

そのものに意識を向けるので、*観念もなく、沸きあがる感覚というのでしょうか、そのものになっていて心地良いのですね。

知識や思考はこの物質次元においては、ある種の「楽しさ」ではありますが、追い求めるための知識や思考はメソッドジプシーに陥るかの如くです。
以前はスピ系や自己啓発等のサイトをブックマーク(お気に入り)しては、毎日見て行っていましたが、今はそれらブックマークは一切ありません。
それ系の書籍の購入もなくなり、今までは*観念がそれらを求めては満足し、そして更に次、次へと同じように求め、飽くことなく求め続けていました。

意識として在るようになると、不必要なものが浮き彫りになってきます。スピ系等のブックマークがたくさんある方は、それらはどんどん外して行くことになるかもしれませんね。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。

タグ:意識 在る

共通テーマ:日記・雑感

花見に行ってきました [雑談]

DSC07037.jpg
▲クリックで大きくなります。写真は富山県氷見市鞍川1060番地 「朝日山公園」

去年も朝日山公園の桜は掲載していまして、写真は今日撮ったものです。
八分咲きほどでしたがなかなか綺麗でした。

お弁当を食べているとトンビが上空を旋回しており、「こっちに来てつまみ食いしに来な」と思っていると、他方から「うわー!」という悲鳴が聞こえてきました。お察しの通り、トンビに食べ物をかっさわられたのですが、私のところには結局来ずじまいでした。
お弁当を食べて桜を撮ることに専念していると、目の前で弁当を広げて食事しているご夫婦にトンビが食べ物をかっさらっていき、旦那様が恐れて立って逃げようとしているのですが、奥様の方は座って上を見上げながら弁当を食べていて、ご夫婦の差が歴然とした様がおかしくて笑ってしまいました。ええ、こらえ笑いです。

これは*観念の差?も出ているとも言え、大迷惑を蒙った旦那様には申し訳ありませんが、思い出し笑いをするのでした。







共通テーマ:日記・雑感

お知らせと無意識について [気付き]

本日よりniceボタンを外しました。
諸事情により投稿出来ていませんがやめるわけではありませんので、今後ともよろしくお願いいたします。

お知らせは以上です。


本質図13.jpg

無意識により気付けていないことがあります。
気付きは*観念を見つけることは「結果的に」出来ますが、*観念を力んで見張ること、これも*観念からのアプローチになるのでしんどいだけです。
気付いている状態で在れば気付く以前に、*観念自体が意識に上がって来ません。

イライラしたり、何だか不安で所在なさげだったりするのも、無意識によるものです。ただの反応ではあります。無意識に反応してしまっているのです。
このようなことは日常茶飯事に行われており、この世界はまるで*観念による無意識の反応をしている人々で溢れかえっている構図、です。
この無意識(*観念)から外に出る、意識的に在ることで、「井の中から出た蛙」になるでしょう。

元々、*本質であり意識なのですから縛られることは一切ないのです。
意識として在る、です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。




共通テーマ:日記・雑感

考えることはシンプルさから離れる [気付き]

MIYADSC_3228.jpg

「在る」はシンプル過ぎて逆に難しく解釈されているのかもしれませんね。思考は「在る」を理解出来ません。考えて考えて諦めたり、考えて考えて思考の隙間が出来た時に「在る」の状態になることがほとんどです。
考えることはシンプルさからかけ離れ、*現象を在りのままに見ることをしません。あれこれ意味をつけてはジャッジすることを無意識にしているからです。

あれこれ考えるのも面倒だ!ということであれば、これを機に意識として在ることに留意しましょう。別にお金がかかるわけでもなく、日常生活に支障をきたすわけではありません。

「在り方」とは「そのものを体験する」ことです。演じるのではなく、そのものなのです。
(※言葉で説明すると「解釈」が入るので極力ストレートに表現するようにしています。)
願望実現の話に置き換えるならば、そのものを体験するのですから既に叶っていることになります。
*観念からすると不可思議な話ではあるでしょうけれど、不可思議さを見ている何者かがいることに気付き、*観念から離れてみてください。
チョココアが何をいわんとしたか、実際にドストレートにそのものを体験してみてください。なんでも良いです。笑

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

意識として味わう [気付き]

MIYADSC_3092.jpg

この世に意識として在り、味わう。
シンプルだけれどシンプルだからこそ、そうで在る。


タグ:意識 味わう
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -