So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

堪能してみる [実験]

願望なるものがあったとして、その先にある本質そのものになってみる。
ただそれだけ。
そこに抵抗があったりすれば、気付いている状態から抵抗を見てみましょう。




話は違いますが、ふと意識に上ったので書き留めておきます。

初心忘れべからず、です。
初心は純粋な動機で恣意が働いていないことがほとんどです。
ところが、*観念を通すと初心に返ることが億劫になったり、ともすると「あの時と今は違う」とレッテルを貼って遠ざけようとします。
初心があった事実がある以上、それは今すぐに在れるシロモノです。ただただ*観念がそれを妨げにしているだけです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



共通テーマ:日記・雑感

微妙にうつろった後は [気付き]

微妙にうつろってしまった後、気付いて自責の念に駆られるよりも、気付いている自分がいることに気付けばOKです。
後に尾を引いてしまう方は、それも*観念ですので気付いたらまっさら(*本質)に在りましょう。

ネガティブな感情を持つようになったり、感情がもろに出てしまう人は、微妙にうつろってしまい*観念に気付いていないことがほとんどです。
普段は物静かだが、スイッチが入ったかのように感情が出てしまう人も同様です。
何でこうなったのか自覚症状がないのと似ています。
それだけ*観念は微妙に微妙にうつろって行き、自分を形成していくのです。

こうなってしまった後は、お約束のように*本質に在ることを忘れて何とかしよう頑張ろうとします。
同じエネルギーを注ぐなら、*本質に向けましょう。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



共通テーマ:日記・雑感

微妙なうつろいについて再度 [気付き]

微妙なうつろい。動画でも書きましたが、*観念は*観念を使って徐々に徐々に、微妙にうつろっていきます。
極端な例が、宗教にちょっとだけ見てみて嫌だったら辞めれば良いやと入ってみたら、気付けばどっぷり宗教の中の人になってしまい、自己価値観が宗教のそれ自身になってしまっている。宗教に限らず、色々なケースでこのようなことが起きているのですね。
しかし、*観念からすると、自分が変わった等とは思わないのです。カモちゃんの動画のように、気付かない内に微妙に、微妙にうつろっているため、気付きにくいのです。

一つ一つ*観念に気付いていくことも出来ますが、気付くことが目的になってしまいがちでキリがありません。気付くことが目的になると、新しい*観念も同時進行で出来ていることもあり、トカゲのしっぽ切りなのです。
*観念の外に出ることによって、気付いている状態であれば、気付くことをしなくても良いのです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



タグ:観念 気付き

共通テーマ:日記・雑感

本質を知らないだけで本質は誰でもある [気付き]

本質を知らないだけで(*観念)、*本質は誰でもあります。
ふとした時に、時間の感覚も何もない状態があり、まるで静止した世界に身を置くような感覚です。
私が経験したことで言えば、学生の頃にテレビを見ていたのですが、ふいにイメージが入り込んで来て、そのイメージの状態になりました。
そのイメージとは、空間は暗闇で私が座っているのを俯瞰して見ているものです。
さっきまでテレビを見ていたリビングが、何もかも一切なくなり、ただの暗い空間に私がポツンと座っているのです。それを俯瞰して見ている状態です。
感覚としては快も不快もなく、しんと静まりかえっていて、*観念としては何が起こっているか理解出来ていないが、*本質はただただそれを見ていて「在る」でした。

この頃の私は学生の頃なので当然*本質を知りませんでした。
しかし、*本質を知らないだけで、*本質を経験していたのです。
私のような感じではなくても、何かしらみなさんも必ず経験しています。
つまり、*本質は探さなくても既に在るのです。
在るから、みなさんは「ここに存在している」のです。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。
タグ:観念 本質

共通テーマ:日記・雑感

微妙なうつろい。動画 [気付き]

「騙し絵というものがありますが~」の部分を動画にしていただきました。
まずは1分程ですがご覧ください。



お気付きになられた方も、そうでない方もいらっしゃると思います。
微妙なうつろい。(別角度から)と併せて見ていただけると、なるほどと思うでしょう。
※答えは一番下の方に書きますね。

*観念はこのようにして、気付かない内に微妙に微妙にうつろって行き、自己価値観として形成されていきます。
気付く前は、「大丈夫、ちゃんと自分のことは見ているから」と思ってはいても、動画のカモちゃんのように微妙に変わっていくことが多々あるのです。
こびりついた習慣(習い性)は、*観念の外に出ていないと気付けないですし分からないものです。
気付いている状態であれば、微妙にうつろうこともなく、逆に今まで*観念がそうさせてきたのだと腑に落ちるでしょう。










答え 手前のカモちゃんの色が微妙に変化していっています。

動画の冒頭部分と最後の部分を比較してみると、顕著に変わっています。
*観念の中にいると全く気付かないか、何となく分かってはいるがそのままでいたり、そしてやがてそのまま*観念に染まってしまうのです。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


タグ:観念 気付き

共通テーマ:日記・雑感

偶然?必然? [気付き]

DSC08677.jpg

上の写真ですが、不変であることを知っているで掲載したものです。
この夕日の写真を撮った日に、写真を撮ってくださいと私に声をかけた方がいらっしゃいました。この日はこの方と他の方にも声をかけられ、夕日を背景にカメラマンを2度することに。
実は最初に声をかけて来られた方が女子大生で、ご家族と一緒でした。あくる日、女子大生とその姉妹と他の場所でもバッタリ会い、なんとここ数か月の間に3度偶然にも?お会いしています。

偶然か?必然か?

となりますが、偶然というのは後付けのようなもので、必然かと言えばこれもまた後付けです。どっちでも良いんです。そのまま受け取るだけですし、自然の流れのようなものといったところでしょう。
空気は元々存在しますが、空気の成分を分析してこれは空気だと後付けで言っているようなものです。

この女子大生の方は動画を作っているとのことで、このブログで表現しきれない部分を動画で作っていただくことになりました。
どの部分かと言いますと、微妙なうつろい。(別角度から)の「騙し絵というものがありますが~」の部分です。
言葉で表現出来なかったので、何かの機会に表現出来たらいいなと思っていました。が、あれから随分経っていますが、私的には去年のことが昨日のことのように感じるのです(始末が悪い?笑)。

いつかも言いましたが、どれだけ離れていようが、亡くなった方でさえも、私には「身近に存在している」感じがするのです。それは理屈ではなく、決して頭がどうにかなったからではなく、そう「感じる」のです。
概念を取っ払ってまっさらになると、概念による制約がなくなる分、「在る」になるのですね。*本質は言語や概念等とは無関係に元々存在するのですから。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



動画はいつになるか分かりませんが、今月中には作っていただけそうです。
ちなみに、女子大生の方は私と同じ出身で高校も同じで、私の後輩ということになりますね。笑
まさかの先輩後輩のコラボです。と言いたいところですが、これも後付けですね。



共通テーマ:日記・雑感

フラット=世界 [気付き]

本質図13.jpg

上の図のように、一番下の観念(スピ系や信念)に気付けていない時は、下図の左側のように関連付けが起きています。

本質と観念2.jpg

図の関連付けは例えではありますが、様々な*観念と*観念が関連付けを行っている状態です。
気付けていない*観念というのは、つまるところ、「自分」という分離した概念です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。



共通テーマ:日記・雑感

不変であることを知っている [気付き]

DSC08677.jpg
▲クリックで大きくなります。

写真は夕日ですが、太陽は常に存在しています。東から昇り西に沈む。
いつもの光景ではありますが、私達が呼吸をするのと同様に、空気や水があるのと同様に不変であり身近なものです。
*本質もそうです。唯一言えることは不変であることです。

物質は常に変化の連続ですが、*本質は不変です。
状況がどうであれ、*本質は不変です。
あなたが何を考えて何を思うと、*本質は不変です。

*本質即我です。


※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


タグ:不変 本質

共通テーマ:日記・雑感

知っている [気付き]

DSC07898.jpg
▲クリックで大きくなります。

写真は昨夜撮った月の写真で、月の環が出ています。
目視では空は少しモヤがかって、月も月の環も少し青みがかっていたように見えました。
(以前も月の環の写真を掲載しています)

いつもと違う光景だからこそ感動することってあると思います。
が、
いつもと同じ光景でも感動することもあるはずなのですが、*観念というフィルターを通して世界を眺めるとすぐに飽きてしまいます。

*観念は*観念を通してしか世界を見れないので、*観念以外のことは理解出来ません。
思い込みという言葉がありますが、まさに思い込みフィルターをつけて世界を見ていると言えます。

見ている=*観念
↑これを含め全てを眺めているのが、*本質であり意識です。

見えるものだけが全てではないことは、実は誰でも「知っている」のです。
この「知っている」ことから誰も切り離すことは出来ません。*観念は知らないよそんなこと、と思うでしょうが、どうあがいても「知っている」ことからは逃れられません。
まさに、*観念は「お釈迦様の手の上の悟空」なのです。

文章は掴もうとしないでください。
意識して感じとってみてください。
ニュアンスを読み取るのではなく、頭ではなくハートで感じみてください。意識のポイントはハートです
私の意識のポイントはミゾオチの少し上くらいですが、真似るとかしないでただただ意識として在ると良いでしょう。まっさらになって世界と在る。これを意識に置いてみてください。気軽に気楽に。

不足を補うためにするのではなく、白紙の状態から在るのですよ☆

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。


共通テーマ:日記・雑感

どこまで行っても [気付き]

DSC07484.jpg
▲クリックで大きくなります。写真は富山県高岡市戸出町にある菜の花畑。

どこまで行っても菜の花畑。と思うのも*観念によるもので、菜の花畑はどこまで続くことなんかないよ、と思うのもまた*観念です。
*観念は思えばキリがない程あれこれ出て来ます。思考のスイッチが入るのも*観念によるもので無意識がほとんどですね。

キリがないと思える思考も全て眺めているのが*本質であり意識です。
「あぁ、本質であり意識なのか」と言葉を覚えるかのごとく取り扱おうとするのは*観念です。
言葉自体が既に人が作ったツールですので、何につけても*観念がまとわりついてしまいます。
これらを「在りのまま」見れるようになると、言葉のニュアンスが自然と気付いたら分かるようになります。知識としてではなく、分かるようになると言いますか。

どこまで行っても、どこまで行かなくても、*本質はいつも「ここ」です。

※文中に出てくる「*」は、言葉解説のページをご覧ください。

タグ:観念 意識 本質

共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -